Welcome to my Blog !!
主に車中泊で日本全国を走り回った記録と記憶を綴ったドライブブログです。
サイトを作るためではなくドライブすること自体を大切にしているため、手軽で長続きしそうなブログスタイルで綴っています。
ドライブ以外にも日頃感じたことや言いたいことを自由に綴っています。
車中泊の旅やドライブ情報がお目当ての方は下の『日記の分類−目次−』からどうぞ!
過去1週間の都道府県別アクセス数

ジオターゲティング
経県値
● 自己紹介
これまでの走行経路
profilephoto
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
●リンク
リンク用バナー
Windingroadバナー88×31.gif
●お気に入り
●お気に入り
北海道 (ツーリングマップル)
北海道 (ツーリングマップル) (JUGEMレビュー »)

二輪車専用地図ですが、道路情報、温泉情報、観光情報などドライブに必要な情報が凝縮されてかつ分かりやすいのでクルマの方にも超お勧めです。全7冊で全国をカバーしています。
●お気に入り
●お気に入り
●お気に入り
●お気に入り
●お気に入り
パワーバタフライ
パワーバタフライ (JUGEMレビュー »)
lecca,LUNA,九州男,SHAGGY,TSUGUMI,JAMOSA
●お気に入り
●お気に入り
●お気に入り
●お気に入り
これでゲームに強くなる!テニス・メンタル強化書 (LEVEL UP BOOK)
これでゲームに強くなる!テニス・メンタル強化書 (LEVEL UP BOOK) (JUGEMレビュー »)
中山 和義,林 恭弘
試合に強くなるための最低限の心の持ち方が書かれています。テニス以外の場面でも役に立つ話です。
●お気に入り
ヨネックス RDX300スーパーミッド ブルー G3 RDX300SM 2
ヨネックス RDX300スーパーミッド ブルー G3 RDX300SM 2 (JUGEMレビュー »)

allex愛用テニスラケット!
振り抜きがよく適度な重量感。
●お気に入り
ライティング・パワーボール(ブルー)
ライティング・パワーボール(ブルー) (JUGEMレビュー »)

手首を鍛える打って付けのアイテム!!テニスをはじめ、手首を使うスポーツに
効果大!!
●お気に入り
●お気に入り
●お気に入り
●お気に入り
HOME(通常盤)
HOME(通常盤) (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai
●お気に入り
Peace Of Mind (通常盤)
Peace Of Mind (通常盤) (JUGEMレビュー »)
Inaba Koshi,Terachi Hideyuki,Tokunaga Akihito,Ohga Yoshinobu,Terashima Ryouichi
カウンター
ブログパーツUL5
ブログ開設後経過時間
blopa!マンション
● 携帯用CODE
qrcode
● その他
みんなのブログポータル JUGEM
Welcome to my Blog !!
大ショック!!

今年の夏休みは北海道一周ドライブに決まり!!!


走りに行きたいところは、


札幌市、サロベツ原野、宗谷岬、オホーツク海沿岸、美幌峠、屈斜路湖、摩周湖、

知床横断道路、野付半島、納沙布岬、釧路湿原、阿寒湖、糠平国道、層雲峡、

旭川市、美瑛、富良野の予定。



と思って、仕事帰りにフェリーの予約をしに行きました。


新日本海フェリー →  こちら


予約は2ヶ月後の同日までできるそうです。


今年の夏休みは8/12〜にしようと思い、敦賀〜苫小牧東を早速本日6/12に

予約を試みたんですが、見事に満席になっておりました。乗用車も、客室も悲しい


さすがは行楽シーズン、担当者に話を伺うと、朝一番で電話予約しようと

してもなかなかつながらないそうで。。


人気アーティストのコンサートレベルだそうです。


たしかに1日1便、キャパシティーは乗用車80台、人間500人程度ですから、

なかなかねぇ〜ショック



というわけで少し夏休みをずらそうかと。

8/9はまだ空席があるので、明日、8/13の復路で予約がとれたら

8/9の往路も予約しておこうと思います。


やっぱ北海道は夏に限るっしょ!何が何でも予約をとりたい!!


ところで今日幸運にも往路をゲットできた人は帰りもうまくゲットできるんだろうか?

あんな予約殺到してたら難しいと思うけど、取れなくて帰れないじゃ困るだろうし。





車中泊の旅日記(2006北海道編)21:06comments(0)trackbacks(0)
bot
大ラッキー!!


8/9 敦賀−(航路)−苫小牧東
8/13 苫小牧東−(航路)−敦賀

ゲットできましたおてんき


今回は航路があり、厳密に制限時間が設けられてるから気合入れなくちゃ!!


車中泊の旅日記(2006北海道編)22:40comments(1)trackbacks(0)
bot
神様、お願いっ!

いよいよ明日、出発です。

台風7号雨が接近してるけど、無事出航させてっ!

週間予報みると、道東道北とも微妙にくもりになってるけど晴れてくれっ!

緻密に考えた予定だと時計回りリサイクルに走るつもりなんだけど、

天気によっては反対周りも覚悟しなくては!!

でも、昼間に走るべきところ、夜間でもいいところ、走行距離を稼ぐべき前半戦、

いろいろ都合があるのでやっぱり時計回りがいい!!

自力本願がモットーのallexですが、こればっかりはね〜、カミサマーー!!






車中泊の旅日記(2006北海道編)22:40comments(1)trackbacks(0)
bot
旅行報告書
========================================

                    旅行報告書

ブログ読者の皆様へ

                                        平成18年8月14日


         下記のとおり無事に用務を終えましたので報告します。

                                        ドライバー:allex


1.研究種目:車中泊の旅

2.研究課題:北海道グランドツーリング

3.旅行期間:平成18年8月8日から平成18年8月14日 (7日間)

4.用務地:北海道道北、道東および道央

5.用務先:札幌市、直線日本一道路、北竜ひまわりの里、オロロン街道、霧立国道、
       サロベツ原野、ノシャップ岬、宗谷丘陵、宗谷岬、オホーツク海岸道路、
       サロマ湖、常呂町、網走刑務所、美幌峠、屈斜路湖、摩周湖、硫黄山、
       オシンコシンの滝、知床峠、マッカウスの洞窟、北19号線、開陽台、
       野付半島、納沙布岬、東根室駅、北太平洋シーサイドライン、ムツゴロウ王国、
       霧多布湿原、釧路湿原、阿寒湖、阿寒横断道路、ナイタイ高原、帯広市、
       糠平国道、層雲峡、旭川市、美瑛パッチワークの路、望岳台、富良野ラベンダー園

6.用務内容:北海道道路交通事情の視察およびドライビングテクニックの向上、
         北海道の大自然を満喫するために車中泊の旅を行った。


========================================

========================================

                    旅の資金精算書

交通費:陸路 約25,500円 (ガソリン代約25,500円、有料道路代0円) 行程2648,2km
     海路 68,780円 (乗用車及び2等寝台往復フェリー代68,780円) 行程2,192km
7日間の日当:10,879円
7日間の宿泊代:0円

========================================


というわけで、旅のレポートは近いうちに1日目から順に公開していく予定です。
乞う期待!!




車中泊の旅日記(2006北海道編)23:59comments(3)trackbacks(3)
bot
北海道グランドツーリングレポート第1巻

8月8日、定時に仕事を切り上げて18:20に帰宅。

敦賀港出航は日付が変わって1:30。夏は90分前までに手続きに来るようにとのことです。

フェリー通の人の話によると、早めに行かないと苫小牧で下船するのに時間がかかる、

とのことでしたので、20:00に出発しました車

R21→R365→快走路の県道→R8といつもの道を走ります。

面白みのない道でしたが、途中、戦車爆弾を運んでいる自衛隊車がたくさんおりまして

珍しいものを見ることができました。

夜中はいろいろ変わりものの運搬があったりしますからね〜。

唯一お気に入りの道路がありまして、

こちら方面に来るとといつも決まって寄り道する奥琵琶湖の道(r336)を走ってから再びR8で敦賀へ向かいます。


22:20敦賀港到着。

早めに着いたつもりでしたが、乗用車で70番目くらいでした。

最終的には200台くらいは並んでましたが。。

0・30まで蒸し暑い中、待機をしていよいよ乗船。

車両甲板は係員が険しい顔で車を誘導。かなりギューギュー詰めに次々乗船。




かなり広い車両甲板。
今まで乗ったフェリーとは格が違いすぎる!!
2階まで駐車スペースがあります!!


船内で2段ベッドの割り当てをしてもらい、私は下の段のベッドへ。

上の段の人と軽くあいさつして即眠りにつきました。

仕事と外での2時間待ちは結構堪えてましたから撃沈



《1日目終了》

走行距離 99.5繊 〜行時間 2時間32分




車中泊の旅日記(2006北海道編)21:54comments(2)trackbacks(0)
bot
北海道グランドツーリングレポート第2巻

8月9日(2日目)

8:30にぐっども〜にんぐ日の出

とりあえず身だしなみを整えたら、さっそく船内を散策ジョギング

3階から5階が乗客のフロアでビデオシアターや大浴場、卓球場など

いろいろなコーナーが設置されてました。

窓際にはたくさんイスとテーブルが用意されてまして、そこからのんびり海を眺めます。

(トータル的にはここでボーっと過ごしてる時間が大半でした。)



朝起きたら新潟県沖を航海中。
(ずっと圏外だから最後の電波の
敦賀市の住所になってますが)
今回の航海で初めてオフライン機能の
利便性を実感ウィンク




何してたかな〜???長い船旅。


ぶっちゃけヒマだったんですわ。。

いっとき寝台ベッドで筋トレも少々やってましたからっ、、

ナメック星に向かうカカロットみたいにさぁGO!



とりあえず初めは北海道ドライブの計画をしっかり練ることにしました。




というのもこれnext
昭文社のツーリングマップル。


出発の2日前に急きょ購入してましたチョキ

かなりツーリングのための道路情報が満載で、ちょっと主観の入ったコメントが興味をそそる!!

二輪車用の地図なのですが、四輪車にも非常に役立つ情報が満載なんです!

そういつでも行ける北海道ではないので、取りこぼしをしないよう寝台で得意の地図熟読鉛筆



だいたい目をとおしたら外のフロアで海を眺めます。




そうこうしてると苫小牧から敦賀へ航海中の
「すいせん」とすれ違います。
要するに中間地点です。





またボーっとしてると、同じ寝台の人とバッタリくるりん


27歳の彼は大阪から来たとのことで、バイクツーリングに行くとか、、


えっ2週間も??


どうやら学生ライダーのようです。あんまりどこの道をどう走るかはっきり決めてないらしく、

のんびり2週間いろいろ走り回るそうで。

私はそんなに自由時間があってもたぶんそんなダラダラしないで、

ちゃっちゃと走り回ってサッと帰る性格なんで彼とは真逆のスタンスですが、

でもツーリングを愛するもの同士いろいろ楽しく情報交換を行いました。

彼もツーリングマップルを主要アイテムとしてましたしね。

オートバイの旅についていろいろ話も聞かせていただきました。


ランチを食べたらまた寝台で音楽聴きながら地図を眺める。。

私、ホントに地図見るの好きなんですわハート大小

この日は正味5時間くらい読みましたよハート大小

眺めてるといろいろ見えてくるんです。
(この内容はまた機会のあるときに投稿します)


昼寝をして事前のアナウンスどおり、16:10に起きて窓際へ。




津軽海峡入口にあたる竜飛岬です。
そう、私がゴールデンウィークに行った
お気に入りの竜飛岬ニコニコ
津軽海峡はしっかり電波が届きました。


そしたらまた音楽聴きながら海眺めたりと時間を潰します。


よくさぁー、豪華客船世界一周の旅!!とか聞くけど、

1年の半分も海の上で過ごして何が楽しいんだろう??とか

新大陸目指して西へ進んだコロンブスはすげーなぁ、

進んでも進んでも水平線しか見えないのに何日も航海するんだからなーびっくりとか

いろんなことを妄想しながらゆっくり過ごしました。

大浴場で海を見ながらくつろいで、しばらく仮眠zzz

台風の影響もなく、定刻どおり20:30に苫小牧東港に入港。







乗ったのが70番目くらいでしたから
15分くらいで下船です。




ついに北海道初上陸。祝46県目突入ラッキー

うおおおーーーーーどんっ


【第3巻へ続く】





車中泊の旅日記(2006北海道編)21:25comments(0)trackbacks(0)
bot
北海道グランドツーリングレポート第3巻

8月9日(2日目 第2巻の続き)


((第3巻からはできれば北海道地図を手に取りながらご覧になることを推奨します))




これが北海道上陸後初めて走った国道235号。

やはり北海道は広い。幅が広い。

建物もしばらくない。


苫小牧方面へ進みます。




R36で札幌市へ向かいます。





フェリーではコンビニで買い溜めしてた
おにぎりとサンドウィッチしか食べてなかったので
さっそく札幌みそらーめんをいただきますラーメン
札幌みそは甘い印象です。


札幌市内に入ります車



札幌駅です。





一応、時計台北海道大学
見ます。暗いけど。



R12で岩見沢市方面(東進)へ。



R12の途中、日本一長い直線道路(29.2km)があります。
街中で信号も多いから全然飛ばせないですがね。
この直線の途中、道の駅「ハウスヤルビ奈井江」で車中泊です。


フェリーで体力を温存してたため、1:30まで走ってしまいました。

確実に翌日は生活リズムが狂いそうな予感冷や汗


《2日目終了》

走行距離 166.4繊 〜行時間 4時間9分




車中泊の旅日記(2006北海道編)21:35comments(0)trackbacks(0)
bot
北海道グランドツーリングレポート第4巻

8月10日(3日目)


北海道は涼しいので、快適な車中泊です。それでも早起きになりがちな車中泊。

4:30起床。5時過ぎに出発車

いよいよ本格的に北海道ドライブの始まりです。実質的には今日が1日目といったとこでしょうか。






引き続き直線日本一のR12を走って北上。





滝川市からR275で北上。


あっ、そうそう、8月10日は「道の日」です。

日頃からお世話になってる道路に感謝の気持ちを込めて今日は走ります車

ほんと、直線道がおおいですね、北海道は。

走ってると、最初の目的地、北竜ひまわりの里に到着です。

実は最近、通勤電車の広告にこの北竜ひまわりの里の写真があることに気づきまして、

飛び入りさせた目的地だったんですが、早朝にこのひまわり畑、北海道らしく最高でしたおはなおはな















快走路のR233で留萌市へ。





海沿いのR232(通称オロロン街道)で
ひたすら稚内を目指します。



案の定、睡眠不足のため、眠気に襲われ1時間ほど休憩。





再びR232で北上。




途中で、内陸に向かうR239(通称霧立国道)を試走。
ツーリングマップルのコメントどおり、
「交通量ほとんどなし、
高速ロングワインディングロード」
でございましたイヒヒ



往復60疏りを楽しんできて、再びR232で海岸線を北上します。





まだ全然ガソリン減ってなかったのですが、「北海道は早めの給油」とよく言うので、

さらに私はエネオスにこだわるので天塩町で給油。ハイオク162円ムニョムニョ


そしていよいよ道道106号サロベツ原野を走ります。





28基の風力発電がお出迎えパー


北緯45°のモニュメント







そしてここからが道道106号の真骨頂。






白のライン以外何もない一直線。
見渡す限り原野!






ガードレールも電柱もない!





まだ見渡す限り一直線!!
スピードメーターはリミッター寸前!!




とにかく原野が広がる未開拓地。
天気が良ければ利尻富士礼文島
見えるそうですが、
残念ながら曇りのため全く見えず。


あっという間に稚内に突入です。


【第5巻へ続く】





車中泊の旅日記(2006北海道編)21:32comments(4)trackbacks(0)
bot
北海道グランドツーリングレポート第5巻

8月10日(3日目 第4巻の続き)

広大なサロベツを走り抜け、ノシャップ岬を回って稚内市内へ。

R40で海岸沿いを走ります波





滑走路に進入できそうな稚内空港飛行機


そのまま海岸沿いを走って行くのもいいんですが、宗谷丘陵も走ってみたかったので、

そちらの道から行きました。







交通量も少なくのどかな丘陵地でしたラブラブ

丘陵地を下ると本土最北端の宗谷岬!!







そうそう、あのときの憎らしい標識
(宗谷岬まであと2,800繊
に出会って以来、
ようやく到達してやったぜぃチョキ

サハリンまであと43舛世辰討気びっくりsoon



曇ってたので利尻礼文も、そしてサハリンまで全部見れなかったけど、

最果てまできたことに満足感たっぷり?!

というか、それ以外に何もないところでもありました青い旗




職場の北海道通の人から噂を聞いてたらーめん、
間宮堂のほたてラーメンを見つけてとっても塩が効いてうまいラーメン




おみやげコーナーでは最北端到達証明書を発行してもらい、

宗谷岬攻略ですグッド

道北はほんとだだっ広いだけで何もないのでひたすら走りまくって、

旅の序盤のうちに走行距離を稼ぎます。

宗谷岬からR238のオホーツクラインでひたすら道東を目指します。

とりあえず標識は、「網走320km」






さすがは0のつく日。
「交通事故0の日」ということで、
このR238、多くのパトカーと
すれ違いますし、
草むらの陰の至る所に隠れて
取り締まってましたわ銃


そんなパトカーの臭いに神経を研ぎ澄ませながら、延々とオホーツク海沿いを走ります。

単調な直線道に飽き疲れて道の駅「おこっぺ」で小休止。



まだまだ続くオホーツクライン


続いて道の駅「オホーツク紋別」に立ち寄りますが、
マイナス21℃を体験できる流氷記念館はギリギリ営業時間に
間に合わず、閉館してました。残念[:がく〜:]

写真はオホーツクタワーnext

アムールの架け橋。この方向のずっと向こうに流氷の生みの親であるアムール川があるそうで、

ここに上がって流氷へ思いを馳せてくださいって趣旨らしい・・・





もうちょっと頑張って道の駅「上湧別」の温泉に入り、

もうちょっと頑張って道の駅「サロマ湖」に21:00頃到着し、就寝眠たい

予定どおりノルマをこなし、次はいよいよ観光地リレーの道東ですハート



《3日目終了》

走行距離 615.8繊 〜行時間 10時間50分




車中泊の旅日記(2006北海道編)20:14comments(0)trackbacks(0)
bot
北海道グランドツーリングレポート第6巻

8月11日(4日目)

5:30起床おてんき

非常に涼しく(たしか19℃くらいだった)快眠快眠ラッキー

引き続きR238で網走方面へ向かいます。






早朝は走りやすいですウィンク




日本で2番目に大きいサロマ湖
たしかになが〜い砂州が見えました。ひらめき


しばらく走ると常呂町に入りました。
カーリング娘の出身校、常呂高校ですnext




本州ではお目にかかれないじゃがいも畑よつばのクローバー


網走市内に入り、ENEOSのセルフスタンドがあったので早めの給油、148円ラッキー

この時点でかなりフロント汚れてました。さらに、昨日、不運にもすずめを轢いてしまいました。

っていうか、すずめが体当たりしてきました。フロントグリルのとこでぺしゃんこでしたショック

かつては極悪人の集まるところだったことで有名な網走刑務所down








網走湖




網走監獄博物館


ここからはR39で一旦、南下します。




幹線道路のR39(左写真)と
女満別空港飛行機(右写真)。



そして、私の車中泊の旅にとって重要なテーマである「快走ワインディグロードの探索」として、

当初から目をつけていたR243美幌峠(びほろとうげ)のスタートです。





やっぱり朝は快適です。
障害物がないですからねわーい




大きな弧を描く高速コーナーわーい




美幌峠を越えると屈斜路湖
見えてきました!!




下りは中速コーナーで
路面状態極めて良好わーい


美幌峠を過ぎると今までの快晴がウソのように暗くなり、
小雨、濃霧に襲われます。r52(道道52)で
これが摩周湖の霧なのかっ!!


まさに霧の摩周湖霧
晴れた摩周湖を見ると婚期が
遅れる、ってよく言うから、
まあ良しとしようじゃないか!




イヤ〜、、シ・ン・ピ・テ・キぴかぴか



せっかく払った410円の駐車代、近くの硫黄山の駐車場と共通券らしいから

そちらもセットで見学することに。。





ガスがスプラッシュしてますカラオケ


摩周湖周辺を回りましたのでR391で北上しますnext

次は知床半島です車



【第7巻へ続く】





車中泊の旅日記(2006北海道編)21:02comments(0)trackbacks(0)
bot